社長のコラム-B団のはじまり②

社長のコラム-B団のはじまり②

そこの【1way 】は当時山口市近郊には無かった本格アメリカンなハンバーガー店で、メディアを始め、オープン当初すごく注目を集めました。

100%国産牛肉のみのハンドメイドバーガーで、ミンチにするお肉をしっかりと評価して価格は安くないけど非常に肉味の強い特徴的なお店でした。


それから5年程忙しい日々を過ごした後、私が出した結論が「もっとスケールメリットが欲しい」でした。

というのも、現在に至るまで牛肉の価格は少しづつ上がり続け下がる事がありません。この先も。

このままでは単に価格が上がり高いだけのハンバーガーになってしまう…輸入肉を使わざるを得ないのか、と。

頭を悩ましていた私は1way の起業理念でもあった「生産者さん達に感謝をし、しっかり牛肉を使う」為にも、微力なれど1頭を仕入れる、無駄なく使い切る、スケールメリットにて何とか価格の上昇を防げないのか、とその方法を考え始めたのです。

 

③につづく